原口文仁がこの先生き残るには・・・