老人先輩「おまたせ!昆布茶しかなかったんだけどいいかな?」