「僕は藤浪晋太郎。大谷くんと初めて会ったのは、3年の春−――」