青木「もしかして・・・」小林「俺たち・・・」