大谷、やっぱりキャプ翼の世界にいても違和感なかった