斎藤佑樹「うれしいです。いや、うれしくはないです。長かった。すみませんでした」